オーガニック化粧水とは?|メリットやデメリット、おすすめの商品を紹介

オーガニック化粧水とは?|メリットやデメリット、おすすめの商品を紹介

オーガニック化粧水に興味はあるものの、オーガニック化粧水の特徴や自分に合ったオーガニック化粧水の選び方など、分からないことも多いですよね。

この記事では
・オーガニック化粧水の3つのポイント
・メリットとデメリット
・おすすめブランドと商品
を紹介します。
 


 
目次
1.オーガニック化粧水とはどんな化粧水?
2.オーガニック化粧水と通常の化粧水の違い
3.オーガニック化粧水と通常の化粧水のメリット・デメリット
4.オーガニック化粧水の選び方
5.オーガニック化粧水ブランドを紹介
6.自分に合ったオーガニック化粧水を選ぼう

オーガニック化粧水とはどんな化粧水?



欧米をはじめとして今や日本でも人気のあるオーガニック化粧水。

そもそもオーガニック化粧水はどのようなものなのか、3つのポイントを見ていきましょう。
 

①有機栽培の素材を使用


オーガニック化粧水とは、化学肥料や農薬を使わず、有機栽培の植物由来成分をメインに使用した化粧水です。

肌に刺激を与える添加物が配合されておらず、肌の新陳代謝を高めながら、シワやシミなどにアプローチするエイジングケアとしても注目されています。
 

②敏感肌にもおすすめ


肌にダメージの少ない天然成分を使用しているので、敏感肌の方にもおすすめです。

また保湿や美白など目的に合わせたタイプも選択でき、効率良いスキンケアが期待できます。

低刺激な成分が多く配合されているため、ニキビ肌や日焼け肌にも優しくなじみ、有用成分が健やかな肌をサポートします。

女性ホルモンの乱れや体調崩れによる肌トラブルにも対応し、いつでもイキイキとした美肌を実感できます。
 

③精油でリラックス




成分独特の匂いを感じるオーガニック化粧水ですが、精油を配合しているものも多く、天然アロマがリラックス作用を高めながら、気持ちをなだめてくれる効果もあります。

さらに栄養たっぷりの濃厚な精油が、栄養や潤いを与え健やかな肌に導きます

伸びの良い精油は肌荒れにも素早くなじみ、カサつきや赤みなどを軽減してくれます。

このように、健やかな肌に導びきながらリラックス効果も期待できるものがオーガニック化粧水なのです。

オーガニック化粧水と通常の化粧水の違い



では、通常の化粧水とオーガニック化粧水には、どのような違いがあるのでしょうか。
 

①使用素材の安全性


オーガニック化粧水は有機栽培された成分を使っているため、肌に負担をかける農薬などの有害物質を除去し、健やかなスキンケアが可能です。

通常の化粧水にも低刺激処方のものが見つかりますが、あくまでも添加物フリーという意味に過ぎず、成分自体が安全であるとは言い切れません。
 

②天然由来植物成分の配合量


オーガニック化粧水は天然由来植物エキスを高濃度に配合しています。

そのため良質な栄養を肌にたっぷり届けられ、効果が持続しやすいといったメリットがあります。

通常の化粧水にも天然由来植物成分を使用しているものがありますが、オーガニック化粧水よりも成分の種類や配合量が劣ります。

年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌が衰え、肌の調子が左右されやすくなります。

そのような敏感なコンディションでも、天然パワーのオーガニック成分がしっかりと肌を整えてくれるでしょう。
 

③コストの差




オーガニック化粧水は、厳選された天然成分を豊富に使用していることに加え、手間をかけて天然エキスを絞り出しているといった背景から、通常の化粧水よりも値段が高めになりがちです。

また、オーガニック化粧水はオーガニックコスメ専門メーカーから販売されていることが多く、通常の化粧水メーカーよりも普及が少ないことで、さらに値段が高くなる傾向があります。

通常の化粧水とオーガニック化粧水の違いが分かったところで、双方のメリット・デメリットを確認してみましょう。

オーガニック化粧水と通常の化粧水のメリット・デメリット



通常の化粧水とオーガニック化粧水はそれぞれメリットとデメリットが存在します。
 

オーガニック化粧水のメリット・デメリット

 

 オーガニック化粧水のメリット

 オーガニック化粧水のデメリット

 •  有機栽培素材使用で低刺激

 •  価格が高い

 •  天然植物由来成分を高濃度に配合 

 •  即効的な効果が実感しにくい

 •  天然アロマ精油でリラックス

 •  配合量が多いと肌に負担をかけることがある

 

通常の化粧水のメリット・デメリット


続いて普段使い慣れている通常の化粧水のメリットとデメリットをチェックしましょう。
 

 通常の化粧水のメリット

 通常の化粧水のデメリット

 •プチプラの化粧水が多くある

 •添加物が配合されている

 •肌のハリを実感しやすい

 •有害な素材を使用している場合がある 

 •メーカーや購入先が多く見つかる 

 •肌本来が持つ潤いを引き出せない


通常の化粧水とオーガニック化粧水双方のメリットとデメリットを確認したうえで、ご自分に合う化粧水を選ぶことが重要です。

オーガニック化粧水の選び方

オーガニック化粧水を使ってみたいと思った際、どのような基準で選べばいいのでしょうか。

ここでは6つの基準をご紹介します。
 

①配合されているハーブ・精油成分で選ぶ




オーガニック化粧水の主成分であるハーブの種類や精油をチェックする方法です。

自分の肌質に合わせた適切な成分が配合されている商品を選びましょう。

◆おすすめのオーガニックハーブ成分
・肌荒れやかゆみが起こりやすい方
肌を刺激から守り滑らかに保つ効果のあるカモミールがおすすめ。

また、肌の赤み、ニキビや肌荒れを抑えて透明感を与えるアロエベラは、日焼けやニキビを優しく潤したいときにぴったりの成分です。

・シミやくすみが気になる方
抗酸化作用を持ち、肌をみずみずしく維持しながらシワやシミを防止する効果の高いローズマリーを選びましょう。

また、たるみやシワには、ハリを与え、肌表面を滑らかに整えながらツヤを引き出すマンダリンオレンジ果皮が効果的です。

◆おすすめのオーガニック精油成分◆
・肌の赤みやザラザラが気になる方
気分をリラックスさせる精油で、ヒリヒリ、肌荒れやニキビを抑えるラベンダー油がおすすめです。

・乾燥肌やつっぱりが気になる方
疲労回復を促し、潤いの皮脂膜を作って乾燥や刺激から肌を守るオリーブ油で潤いのバリアを張りましょう。

・クマやくすみの気になる方
豊富なビタミンが肌の新陳代謝を高め、血行促進により透明感を与えるオレンジ果皮油や、心を落ち着ける精油で、血行促進を促し肌を健やかに維持するローズ油が最適です。
 

②オーガニック認証マークをチェックする



オーガニック化粧水と謳われていても、必ずしも100%オーガニックであるとは言い切れません。

そのため、品質を保証したオーガニック認証マークが付いているものを選ぶと良いでしょう。

ここでは代表的なオーガニック認証機関をご紹介します。

◆エコサート
世界で最も流通しているフランスのオーガニック認証機関です。

日本を含む世界20カ国以上で展開しており、栽培から使用パッケージまで厳しい審査を設けています。

◆バイオグロ
ニュージーランドのオーガニック認証機関です。

国内で最もハイレベルの機関で、3年連続で審査に合格した商品のみ認証されます。

◆ネイトゥルー
ヨーロッパのオーガニックコスメに携わっているベルギーの認証機関です。

安全性とクオリティをアピールする信頼の機関として、製造をはじめすべての内容を公表しています。
 

③テクスチャーで選ぶ


オーガニック化粧水は、成分によりテクスチャーが異なり、主にしっとり・とろり・さっぱりの3つに分類されます。

しっとりタイプととろりタイプは乾燥肌やエイジングケアに、一方さっぱりタイプはテカリや角質の予防におすすめです。
 

④保湿力で選ぶ


美肌作りの基本となる、保湿成分を配合しているオーガニック化粧水を選びましょう。

天然由来植物成分や精油のほかにも、下記の保湿成分を配合しているオーガニック化粧水であれば保湿効果アップが期待できます。
 
<ヒアルロン酸>
低分子の加水分解ヒアルロン酸は浸透性が高い

<コラーゲン>
加水分解コラーゲンは浸透性が高い

<セラミド>
「2」や「NP」など数字や英字と一緒に表記されているヒトセラミドがおすすめ。

体内に存在しているセラミドと似た構造をしており、肌に素早くなじみ持続力も期待できる。
 

⑤添加物が入っていないものを選ぶ




基本的にオーガニック化粧水には添加物が配合されていないものが多いです。

しかし中にはオーガニックと表記していても、添加物が配合されているものがあるので注意が必要です。

成分表をしっかりチェックして、完全無添加のオーガニック化粧水を選びましょう。
 

⑥パッチテスト・アレルギーテスト済み


オーガニック化粧水は低刺激ですが、パッチテストやアレルギーテスト済みだとベターです。

臨場試験において安全性を実証した製品なら、品質に信頼を持って使用できます。

ここまででオーガニック化粧水を選ぶ基準をピックアップしました。

続いてはおすすめのオーガニック化粧水ブランドをご紹介します。

オーガニック化粧水ブランドを紹介

美容会社スタッフが選んだおすすめのオーガニック化粧水ブランドを6つご紹介します。
 

トリロジー



2002年にニュージーランドで誕生した、国内トップのオーガニックコスメブランドです。

ブランドの象徴となるローズヒップを皮切りに、スキンケアからバスコスメまでさまざまなラインで140以上の賞を受賞しています。

◆トリロジー愛用者の声
シンプルですがクオリティがギュッと詰まっているお気に入りブランドです。使うたびに肌がどんどん元気になっていく感じがあり満足しています。

◆トリロジーおすすめの化粧水:「ハイドレーティング ミスト トナー」
アロエベラやゼラニウムオイルを配合したミストが肌を長時間潤い、しっとりすべすべ肌に整える保湿化粧水です。

さらにオーガニックローズオイルが女性特有のゆらぎを和らげ、心地よいスキンケアへと導きます。

◆「ハイドレーティング ミスト トナー」愛用者の声
"すごく女性好みの精油の香りでリラックスしますよ。女性ホルモンの乱れをなだめてくれる感じで、毎日使うのが楽しみです。さっぱりだけど。ちゃんとしっとり。フローラル系の香りも癒されます。"
引用元:Amazon

>>トリロジーの詳細はこちらから
 

ドクターハウシュカ


独自のハーブガーデンで育った有機植物のみを使用しているオーガニックコスメブランドです。

植物が本来生息する環境や自然作用を最大限に生かし、肌に自然の美容パワーを届けます。

◆ドクターハウシュカ愛用者の声
医療ブランドということで、いつも安心して使っています。また自然素材のクオリティをすごく感じますね。香りも申し分なく化粧品も愛用しています。

◆ドクターハウシュカおすすめの化粧水:「クラリファイング トナー」
さっぱりスプレータイプのクラリファイングトナーには、余分な皮脂の分泌を抑えて毛穴を引き締めテカリやニキビを防止。

ヒナギクエキスなどが潤いを与え、皮脂バランスを維持します。

◆「クラリファイング トナー」愛用者の声
"・エタノールが入っているので、肌がさっぱりします。夏でも肌がサラサラでテカリも抑えられているようです。
・クレンジングや洗顔に比べて化粧水は本当にさっぱりしているのでクレンジングと洗顔のオイルで保湿を高め、化粧水の浸透を良くしているイメージです。使い心地が良く、長年悩んでいたニキビも改善されたことで今のところ毎回リピしています。"
引用元:@cosme


>>ドクターハウシュカの詳細はこちらから
 

ニールズヤード


30年以上にわたって自然療法を目的とした、ハンドメイドオーガニックコスメを販売しているイギリスのブランドです。

一貫した製造により品質を維持しながら、もぎたての自然素材をダイレクトに実感できます。

◆ニールズヤード愛用者の声
香りがすごく良くて大好きです。自然な香りなので、強くても全然気になりません。ボディにもつけたいくらい!

◆ニールズヤードおすすめの化粧水:「フランキンセンスウォーター」
年齢と共に減少していく潤いやハリを与え、トータルなエイジングケアをします。

幹細胞を健やかに保つフランキンセンスエキスにより、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成をサポート。

◆「フランキンセンスウォーター」愛用者の声
・これを使うと肌の汚れや余分な皮脂がすっきりオフできました。毛穴の黒ずみや口周りのザラザラもなくなって透明感が出た感じです。
・化粧水を塗る前の、肌の状態を良くしてくれる。角質や汚れを落とし化粧水を馴染みやすくしてくれるお仕事をしてくれます。
引用元:@cosme

>>ニールズヤードの詳細はこちらから
 

chant a charm


有機JAS認証を受けた国内のオーガニックコスメブランドです。

南アルプス標高800mの農場で栽培した100%オーガニック植物で、肌自身が潤いを維持できるようにサポートします。

◆chant a charm愛用者の声
国産ブランドなので日本人の肌になじみやすいと思います。ピリピリもなく肌に優しい使用感です。

◆chant a charmおすすめの化粧水:「チャントアチャーム ローション R」
温泉水をベースにした化粧水のトロッとしたテクスチャーが、ハーブの潤いを角質層までたっぷり届けます。

内側からハリをもたらしツヤ感もアップ。さらに精油によりリラックスしたスキンケアが可能です。

◆「チャントアチャーム ローション R」愛用者の声
・肌荒れにもハンドプレスするだけで、肌が潤ってハリも感じました。トロリとしたテクスチャーが、肌の奥から保湿してくれる感じです。
・温泉水の肌にやさしい化粧水です・ほんの少しとろみがあり、手のひらにとって肌に押すようにしみこませると肌がふんわりします香りはハーブにしては甘めでいい香りがします。
引用元:Amazon
​​​

シゲタ


高度なグリーンテクノロジーリサーチにより、こだわりのオーガニックコスメを生産している国内ブランドです。

自社工場での一貫した製造や、セルフケアメソッドを通して健やかな肌に導きます。

◆シゲタ愛用者の声
ボトルがスタイリッシュで、見るだけでも心地よい気分になりました。おしゃれなローズの香りに癒されます。

◆シゲタおすすめの化粧水:「AW ローズウォーターミスト」
芳香の高い100%ダマスクローズを使用した贅沢なミストが、肌に優しくなじみツヤと柔らかさを与えます。

髪の潤いやメイクの拭き取りなど、マルチユースができる化粧水です。

◆「AW ローズウォーターミスト」愛用者の声
・ダマスクローズだけ使った貴重な化粧水なので、気分もリッチになります。いつもワクワクしながら使っています。
・イメージしていたローズの香りとは違いますが、私は、大丈夫な香りです。
・シンプルな物なので、保湿力はどうかなと思いましたが、サッパリとしていますが、乾燥はせず、意外とみずみずしさを感じました。
引用元:@cosme

​​​​​​​>>シゲタの詳細はこちらから
 

オルナ



引用元:オルナ

長年にわたる高度な研究により、厳選されたオーガニック成分で健やかな肌に導く国産ブランドです。

中でもより高品質なオーガニック製品を提供し、ラグジュアリーな自然派スキンケアに貢献します。

◆オルナ愛用者の声
20種類以上のオーガニック成分がぎっしり使用されていることです。他にもコラーゲンやプラセンタエキスなどの美容成分を配合しているので、リッチなエイジングケアができます。自然な香りで気分もリフレッシュしますよ。

◆オルナおすすめの化粧水:「オルナ オーガニック 化粧水」
普段のお手入れからエイジングケアまで、幅広いスキンケアにお任せのオーガニック化粧水です。

豊富なオーガニック成分と美容成分が、内側までたっぷり潤いを届けます。

7つの添加物フリーで肌を優しく包み込み、リラックスアロマ精油が心地よいスキンケアをサポート。

◆「オルナ オーガニック 化粧水」愛用者の声
・クリームなしでも保湿感があって自然な香りも良いし、リピートしたくなる化粧水です。 肌への浸透力がパワフルで、長時間モチモチしているのにびっくりです!肌荒れがあっても馴染むので、残っている感じがありません。アロマオイルの香りがとても好きで、気分も落ち着きます。
・使って思ったのが香りの良さです。口コミでも香りが良いと書かれていましたがそれに違わず、オーガニックな良い香りがします。
・保湿もしっとりとモチモチなのが実感でき今まで使っていたのが安い化粧水だったので、良いものはやはりそこそこのお金を出すべきなのかな?と思い始めています。
・このまま続けて調子も良さそうであればリピートしたいと感じました。
引用元:@cosme


​​​​​​​>>オルナの詳細はこちらから

自分に合ったオーガニック化粧水を選ぼう

オーガニック化粧水は肌に優しい有機栽培の素材をふんだんに配合しており、敏感肌にも使いやすい処方になっています。

快適な使用をするためにも、メリットやデメリット、選び方などを参考にしながら、自分にベターなオーガニック化粧水を使いましょう。

オーガニックスキンケアとは|メリット・デメリットやおすすめのコスメを紹介
オーガニック洗剤で肌改善!地球にもエコな洗剤で環境を守ろう
INDEX