地球にエコなオーガニックコスメでお肌を健やかに整えよう

地球にエコなオーガニックコスメでお肌を健やかに整えよう

オーガニックコスメとは


オーガニックコスメの「オーガニック」とは、『有機の』という意味を持つ言葉で、有機栽培された地球に優しい自然派の植物由来の成分を含んだ化粧品です。

有機栽培した植物ということは、農薬や化学肥料を一切使用せず育てた植物であり、その植物を育てる土壌へ配慮した育て方が注目を集めています。

そんなオーガニックコスメには、どのようなメリット・デメリットがあるのか、そしてオーガニックコスメの取り入れる方やおすすめ商品を併せてご紹介致します。

一緒にされやすいナチュラル・ミネラルとの違い


オーガニックコスメは、有機栽培された植物の成分を含んだ化粧品を指します。

では、オーガニックコスメと類似したナチュラルコスメやミネラルコスメなどは、どのような違いがあるのでしょうか。その違いについて解説致しましょう。

ナチュラルコスメ


ナチュラルコスメとは、動物性・植物性を問わず、自然由来を原料として作られた化粧品のことを指します。

一見、オーガニックコスメと同じだと捉えられる方もいらっしゃいますが、オーガニックは、オーガニック認証と言われるJAS法に基付いた認証マークを持つ商品のみオーガニックと謳うことができます。

すなわちナチュラルコスメとは、このオーガニック認証マークが付いていない化粧品のことです。

オーガニックとしては、認められていないものの自然にもお肌にも優しいコスメを推奨しているコスメとなっています。

ミネラルコスメ


オーガニックコスメは、さらにミネラルコスメとの違いも理解しておく必要があります。

ミネラルコスメとは、天然鉱物であるミネラルをたっぷりと含んだ化粧品です。ミネラルは、天然鉱物であることから、自然派のオーガニックと間違えやすい傾向があります。

ミネラルは、天然なものではありますが、有機栽培されて作られたものではありません。その違いをしっかり理解しておくことで、オーガニックコスメとミネラルコスメの違いを見極めることができます。

メリット・デメリット


ナチュラルコスメやミネラルコスメとの違いを理解したところで、続いてはオーガニックコスメを実際に使用する上でのメリット・デメリットについて解説します。

プラスのイメージの強いオーガニックコスメですが、デメリットも併せて確認しておくことで、使用上の注意にもつながります。

オーガニックコスメのメリット




オーガニックコスメの最大のメリットは、化学薬品を使用せずに作るコスメであるため、化学薬品によるお肌のトラブルを抑えてくれることです。

お肌に優しく、低刺激なコスメが多いため、敏感肌の方にもおすすめのコスメです。

またオーガニックコスメは、地球に優しい育て方をしていることも大きなメリットと言えます。地球環境を意識したコスメ作りを行うことで、環境汚染問題にもつなげることができます。

お肌にも地球環境にも両方に優しいことが大きなメリットと言えます。

また、オーガニックコスメは、肌に潤いや栄養を与えるだけでなく、自然が持つ力によってお肌本来の力を引き出すこともできるコスメです。

お肌の持つ再生機能などが活発化することで、美しいお肌を手に入れるのをサポートしてくれます。

オーガニックコスメのデメリット


オーガニックコスメは、自然派由来のコスメであり、化学薬品である防腐剤や酸化防止剤が一切入っていません。

そのため、従来のコスメに比べて、使用期限が短いことを頭に入れておく必要があります。

従来のコスメ同様の期間使用すると細菌が繁殖してしまい、逆に肌トラブルを起こしやすくなる可能性もあります。

使用期間の確認や保存方法などを理解して使用する必要がありますので、十分注意しましょう。

またオーガニックコスメは、従来のコスメよりもコストが高いことがほとんどです。元々のコストが高いことと早めに使い切る必要があるため、コスト面でのデメリットが多いのも確認しておくことも大切です。

失敗したオーガニックコスメの買い方


国産のオーガニックコスメは、JAS法によって定められた認証マークを持つオーガニック商品のみオーガニックと謳うことができます。

オーガニックに対する日本での取り扱いの信頼性から、海外から並行輸入してオーガニックコスメを購入することもあるでしょう。

しかし、一見オーガニックと謳うコスメの中には、本当はオーガニックなものでなかったという話もよくあります。英語など海外の言葉で記載されているため、あまり理解せずに購入してしまうことも少なくありません。

必ず、口コミ等をチェックして本物のオーガニックコスメであるかを確認してから購入しましょう。

アレンジした使い方


オーガニックコスメは、化粧品として分類されているものだけではなく、オーガニックな食品などをコスメとして使用することも可能です。

オーガニックなオリーブオイルは、化粧落としとして使用することができます。またココナッツオイルは、肌の酸化を防止する役割があるため、化粧水前の導入オイルとして使用することもできます。

口に入れることができる安全性の高さから、お肌への負担も少なく、食材が持つ効果を得ることもできます。オイルは滑りが良くなるため、メイク落とし中のマッサージもおすすめです。

さらにそのまま落とさずに湯船に浸かることで、毛穴の汚れなども浮かしてくれるため、美肌にもつながります。

また、バーム製品は美容成分を凝縮した製品なので、湯船に浸かりながら、リンパマッサージなどにも効果的です。

オーガニックコスメブランド紹介


オーガニックコスメに対する基礎知識を身につけたところで、オーガニックコスメにはどのような商品があるのかをご紹介してまいります。

口コミ等でも評判良いコスメを厳選しましたので、それぞれの特徴を早速見ていきましょう。

コスメを効果的に使うならスキンケアから




オーガニックなコスメの効果を実感したい場合には、スキンケアとして取り入れることをおすすめします。

オーガニックコスメは、お肌本来の力を引き出すという特徴があります。メイクアップコスメを使用するよりもスキンケアとして取り入れることで、オーガニックコスメが持つ力を活かすことができます。

トリロジー




ニュージーランド発のオーガニックコスメブランド「トリロジー」。自然由来にこだわり、自然科学を利用したナチュラルなコスメです。

ベルギーに本拠地を持つ国際的なオーガニックコスメ認証「ネイトゥルー」も取得している信頼性の高いスキンケアブランドです。

トリロジーの人気の理由は、代表コスメであるローズヒップオイルの効能の高さです。

食品レベルの安全性の高い種子から抽出したオイルを使い、ローズヒップが持つ保湿力が肌に弾力を与え、お肌のバランスを整えてくれる美容オイルです。トリロジーを初めて使用する方には、ローズヒップオイルから使用してみると良いでしょう。

トリロジーのコスメは、リピーターが多いのもおすすめポイントです。毛穴の閉まりやお肌のゴワつきなども滑らかにし、大人ニキビにもアプローチしてくれるアイテムが揃います。

ハーブファーマシー


イギリス発のオーガニックブランド「ハーブファーマシー」。有機栽培で育てたハーブを使用し、ハーブが持つ力を使った自然療法を取り入れたブランドです。

ハーブファーマシーは、フェイスバームとボディーバームの2つラインがあり、フェイスバームはそれぞれ保湿やアンチエイジングにアプローチしたバームを取り揃えています。

また、ハーブの力を使っているため、花粉対策にも効果的なバームなど、お肌のトラブルだけでなく、身体の調子も整えるスキンケアコスメです。

おすすめは、ボディ用バームである「アスリートバーム」です。肩や首などに直接塗ることで、肩こりのもとをほぐし、血流の流れを良くしてくれます。辛い肩こりをお持ちの方は、ぜひ一度お試しください。

エティーク




ニュージーランドから生まれたサスティナブルブランド「エティーク」。固形型シャンプーやコンディショナーを推奨するブランドで、プラスチック容器を排除するなど、地球環境を第一に考えたブランドです。

また、ワセリンやパラベンなどの肌トラブルにつながるものを徹底的に排除し、赤ちゃんも使用できるナチュラルなソープバーが揃います。

コスメなのにシャンプー?と思われる方もいるかもしれませんが、シャンプーやコンディショナーなどを流す際に肌に触れる為、ヘアケアを変えることが肌荒れや背中ニキビ改善にも繋がる事もある為、お肌の悩みを抱える方にもおすすめです。

エティークの中で人気アイテムといえばコンディショナーです。

指通りの滑らかさと使い勝手の良さ、そして1個で350ml5本分の美容成分凝縮というのも、人気のポイントです。

ドクターハウシュカ


オーガニック先進国で知られるドイツ発のスキンケアブランド「ドクターハウシュカ」。医療メーカーが作ったスキンケアブランドであり、肌本来の力を引き出すというコンセプトのブランドです。

お肌を身体の一部の器官と捉えることで、肌本来のバランスを取り戻させるスキンケアコスメとなっています。

医療メーカーならではの自然療法を用いてお肌にアプローチし、香りが心地よいのもポイントです。

ドクターハウシュカの人気アイテム「フェイシャルトナー」は、お肌全体に潤いを与えて、肌の凸凹の間までしっかりと行き届き、キメを整えます。すっきりとした使い心地なので、ベタベタする夏場にも使いやすい化粧水です。

ロゴナ


30年以上の歴史を持つドイツのオーガニックコスメブランド「ロゴナ」。オーガニックコスメの老舗ブランドであり、自社の持つ工場にて、契約農家で有機栽培されたオーガニック植物のエキスを抽出し、安全性を考慮したコスメブランドです。

ロゴナは、スキンケアやメイクアップコスメに加えて、シャンプーやコンディショナー、オーラルケアなどさまざまな商品を展開しています。

ロゴナのスキンケアは、乾燥しやすいドイツの土地に合わせた保湿力の優れたものが多く、クリームは朝までしっとり感が持続します。

またリップクリームは、口コミでも評判が良く、唇の皮むけを防ぐことができます。唇のプルプル感も持続し、乾燥しづらい唇に仕上げてくれます。

ニールズヤード


アロマやハーブを利用したイギリスのオーガニックブランド「ニールズヤード」。ブルーのボトルと木のマークで知られるこのブランドは、オーガニック植物由来のエキスに加え、エコロジーにもこだわったスキンケアブランドです。

アロマスクールなども行うブランドであり、メディカルハーブなども学ぶことができます。

ニールズヤードの人気のポイントといえば、アロマを利用したリラックス感のある香りです。お肌のトラブルへのアプローチだけでなく、身体が抱えるストレスも軽減してくれるブランドです。

ニールヤードの人気アイテムである「フランキンセスウォーター」は、コットンを使用した拭き取りタイプの化粧水です。年齢や気候による乾燥した肌の奥までしっかりと浸透し、みずみずしく弾力のある肌に仕上げます。

ヴェレダ


100年近い歴史を持つオーガニックの老舗ブランド「ヴェレダ」。世界的にも愛されるオーガニックブランドで、ボディケアからスキンケアまで、トータルケアが望めるブランドです。

手に取りやすいリーズナブルな価格帯が好評で、ボディクリームなどは惜しみなく使用することができます。

ヴェレダは、自然医薬品メーカーとしても知られています。植物の根幹を研究して作られたスキンケアコスメは、唯一無二と言われています。

ヴェレダで人気のアイテム「ホワイトバーチボディオイルは、キープラントの持つ「巡り」の能力を利用したマッサージオイルです。気になる部分を揉みほぐしながらマッサージを行うことで、血液や老廃物の流れが良くなり、すっきりと引き締まった身体に整えます。

アルジタル


イタリアのシチリア発のブランド「アルジタル」は、シチリア島のグリーククレイを用いたオーガニックコスメブランドです。

グリーンクレイにバイオダイナミック農法で栽培されたオーガニックハーブを加え、お肌のくすみや毛穴の汚れにアプローチしたグリーンクレイペーストで話題となったブランドです。

ミネラルたっぷりのクレイペーストは、お肌に負担をかけずにお肌を引き締めてくれるため、お顔だけでなく全身に使えるアイテムです。またアルジタルでは、パック用のクレイペーストだけでなく、シチリアのクレイを使ったさまざまな商品が並んでいます。

ピュリファインニングシャンプーは、クレイの力で汚れを落とし、デスクワーク等で凝り固まった頭皮をほぐしてくれるシャンプーです。洗浄力だけでなく、頭全体がすっきりとするシャンプーです。

マルティナ


ドイツ生まれのオーガニックブランド「マルティナ」。肌が持つ再生力を呼び起こし、使い続けることで若々しいお肌を手に入れることができるコスメブランドです。

ビオ・ダイナミック農法という農法で育て、月の運行のタイミングで収穫を行うなど、宇宙に関連した育て方を取り入れたブランドです。

マルティナで評判の高いアイクリームは、こっくりとした濃厚なテクスチャーで、アボカドオイルを配合した目元にハリを持たせてくれるクリームです。栄養素の多いアボカドの性質を活かし、ビタミンやミネラル、レクチンなど、ハリのあるお肌に仕上げるための手助けをしてくれます。

目元の乾燥が気になる方は、是非一度お試しください。

シゲタ


パリで生まれたコスメブランド「シゲタ」は、スタイリッシュなパッケージと女性の美しさを引き立たせるプロダクト力が世界中の女性を虜にするオーガニックブランドです。自然植物由来の成分を配合し、低刺激でひとりひとりのお肌にしっかりとアプローチしてくれるスキンケアコスメが揃います。

一度嗅いだらクセになる心地よい香りと日々進化し続ける植物の力を利用したグリーンテクノロジーの融合を図ったコスメで、女性を美しくし続けるコスメとなっています。

シゲタの人気アイテム「ハンドクリーム」は、シゲタらしい優しい香りと水分を逃さない保湿力の高さで、乾燥しやすい冬場の手元も滑らかに保ってくれるアイテムです。

肌にも地球にも優しいオーガニックコスメで新しい肌ケアを




オーガニックコスメは、お肌にも地球環境にも優しいこれからの時代に必要な化粧品です。

メリットが多いだけでなく、コストがかかるなどのデメリットを踏まえながら化粧品選びを行うことで、自分に合った取り入れ方ができるでしょう。

おすすめのオーガニックコスメも併せてご紹介しましたので、いつもの化粧品に加えてみてはいかがでしょうか。

オーガニックとは人体にも環境にも優しい?定義や認証機関についても解説
オーガニックコットンとは?通常のコットンと違う点や活用法も紹介
INDEX