フェアトレードとは?仕組みと商品を見極めるためのマークを知っておこう! フェアトレードとは?仕組みと商品を見極めるためのマークを知っておこう!

フェアトレードとは?仕組みと商品を見極めるためのマークを知っておこう!

LINE Twitter Facebook note

オーガニックやサスティナブルという言葉が定着している中で、「フェアトレード」という言葉も商品の背景に潜んでいます。

フェアトレートはどのような意味なのか、仕組みやマークなども合わせてご紹介します。
 


 
目次
1.フェアトレードとは?
2.フェアトレードマークを探そう
3.フェアトレード商品を探そう
4.フェアトレード製品を取り入れてみよう

フェアトレードとは?


直訳するとフェアなトレード=「公正な取引」を意味します。

公正な取引とは、発展途上国の生産者によって作られた製品が適正な価格で継続的に取引され購入することで、生産者の生活を支援するという意味が込められています。

「エシカル」や「オーガニック」、「サスティナブル」と同様、フェアトレードは地球環境を守りながら、労働搾取や児童労働などの社会的な問題を解決するためのスローガンになります。

フェアトレードがなぜ今こんなにも取り上げられているかというと、未だ発展途上国の生産に関わる人々の貧困が解消されず、児童労働などが行われているからです。

子どもが当たり前に教育を受けられるようにしたり、医療制度を整えたり、地域の発展を支援するのがフェアトレードの取り組みの目的です。
 

フェアトレードが広がった背景


公正な取引、貿易をするフェアトレードが普及し始めたのは1960年代で、それ以降世界的に広がっています。

この背景には、グローバル化によって商品の製造が国や地域を超えて行われるようになったものの、発展途上国の生産者は十分な利益を得ることができないことが問題点でした。

その解決のための仕組みとして、フェアトレードが注目されたのです。
 

フェアトレードが必要な理由




フェアトレードが必要な理由は、厳しい労働環境や児童労働により教育を受けられない子どもたちの貧困をなくすことです。

生産者や労働者に適切な賃金が支払われることで、安定した生活を送ることができます。

また、生産者組合も十分な利益が得られることで、生産向上に伴う機材を購入したり、学校や病院を建設することができます。
 

フェアトレードの仕組み


フェアトレードの基準には、公正な取引の実施や、児童労働や性差別などを行わないことなどが定められています。

これらの基準を満たし、フェアトレードによって作られた製品は、「国際フェアトレードラベル」を貼って販売ができるようになっています。

適切な値段で取引されると、そのぶん収入が安定して、生産体制も安定していきます。

その結果、生産環境や品質の向上にもつながっていくのです。

これが、フェアトレードが好循環を生む仕組みです。

◆最低価格とプレミアム金(奨励金)
また、フェアトレードの仕組みとして、「最低価格」と「プレミアム金(奨励金)」というものがあります。

例えば、フェアトレードの代表的な製品であるコーヒーのフェアトレード最低価格は1ポンド140USセントですが、1ポンドあたりに20USセントのプレミアム金(奨励金)が生産者に保証されることになっています。

コーヒー1杯に換算すると1円強程度ですが、コーヒー豆の取引は10トンや100トンなどで取引されるため、生産者組合が受け取る金額は50万円、500万円と、とても大きくなります。

フェアトレードの最低価格とプレミアム金の保証が、生産者の生活を守り、良質な生産作りに生かされていくのです。
 

フェアトレードの基準



フェアトレードをしていると断言していいのは、国際フェアトレード認証ラベルが付いた製品に限られます。

国際フェアトレード認証ラベルは、社会的、環境的、経済的基準を定めています。

具体的な項目は下記の通りです。

◆社会的基準
・安心・安全な労働環境
・差別の禁止
・児童労働の禁止 など
◆環境的基準
・農薬や薬品の使用削減
・有機栽培を奨励
・遺伝子組み換えの禁止  など
◆経済的基準
・フェアトレード最低価格を保証
・プレミアム金(奨励金)の支払い
・継続した取引の促進前払いの保証  など

このような基準を設けて、生産者の持続可能な生活や生産を支えます。

また、国際フェアトレード基準には対象地域、認証対象産品があり、主に開発途上国が生産国、産品が認証対象になっています。

認証産品にはコーヒーやカカオ、ナッツ、生鮮果物、スパイス、茶などで、食品以外ではスポーツボールや繊維、花などがあります。

フェアトレード基準はこれだけではなく、生産者、輸入業者などのトレーダーともに守るべき基準があるため、この基準を守っている製品がフェアトレード製品だと断言できます。
 

フェアトレードの問題点



社会的な問題の解決に貢献するフェアトレードですが、フェアトレードの製品にはいくつか問題点があるのが現状です。

まず、製品の価格が高いことです。

生産者が一つ一つ丁寧に作られているものもあるため、大量生産が難しいものは価格が高くなってしまいます。

前述で解説したように市場価格が下落しても、フェアトレードの最低価格は保証されるので、販売価格も変動することはありません。

また、フェアトレード製品は大量生産ではなく、基本的に手作りのため、一つ一つの品質に差が出てしまうというのも問題点です。

特に、日本で販売されるものに関しては、日本の輸入の基準が厳しく、パッケージの傷など品質として問題ないレベルであったとしても、不良品とみなされるケースがあります。

また、日本人の特性上そういったものを敏感に感じ取り、クレームが多発するおそれがあるため、販売できないと判断される場合もあります。

こういった背景からも、フェアトレードの商品の品質の安定は今後の課題です。
 

フェアトレード企業やタウンも生まれる


フェアトレードは社会貢献度を高める取り組みとして、企業がもっとも取り入れやすい活動と言われています。

普段からコーヒーや紅茶、砂糖など企業内にあるもので、フェアトレードに変えられるものが多くあるからです。

実際に、世の中的にもフェアトレードやサスティナブルの意識は高まってきているので、フェアトレードを徹底する企業やフェアトレードタウンが広がってきています。

フェアトレードを導入する企業は、地球環境の問題や貧困の差に着目し、解決していかなければいけない問題点として取り組んでいます。

ある企業では、「国際フェアトレード調達プログラム」に参加し、2020年までにカカオの取引量を2012年の10倍にするといったフェアトレードの取り組みをしていたり、適正な価格で仕入れた商品を積極的に販売して、購入につなげることで生産者の生活を支えています。




また、フェアトレードの取り組みは企業だけでなく自治体にも広がっています。

フェアトレードタウンは、街全体をあげてフェアトレードを応援する自治体のことを指します。

市民をはじめ、企業や学校、店舗などが力を合わせてフェアトレード製品を販売するイベントを行ったり、お店で販売・購入して、フェアトレードを広める活動を行っています。

フェアトレードタウンは全世界で30か国以上になり、ロンドンやローマ、サンフランシスコなど急速に広がりつつあります。

日本も2011年にフェアトレードタウン運動を推進し、一般社団法人の「日本フェアトレードフォーラム」として認定されています。

フェアトレードマークを探そう



フェアトレードの考え方や取り組みは理解できても、実際にどのように実践していけばいいのかわからない人も多いと思います。

ここでは日々の生活にフェアトレードを反映させていけるように実際の取り入れ方や商品をご紹介します。
 

フェアトレードラベル運動の始まり


フェアトレードな価格で市場の取引に参入するために生まれたのが「フェアトレードラベル運動」です。

フェアトレードラベル運動は、1988年にオランダからスタートし、1992年にヨーロッパに広まっていきました。

そして1997年には、世界のフェアトレードラベル運動組織がまとまって「国際フェアトレードラベル機構」ができ、統一した基準をクリアした商品のみフェアトレードラベルをつけることになりました。

フェアトレードラベルが与えられた商品は、一般のマーケットシェアの拡大を可能にし、国際フェアトレードラベル機構の加盟国は日本を含めて全30ヶ国になっています。

このように、フェアトレード商品を一般のマーケットに広めて、より多くの消費者に知ってもらい、購入してもらうためにフェアトレードラベル運動ができたことは、貧困の解決につながっていくのです。
 

国際フェアトレードラベル認証とは?



引用元:フェアトレードジャパン

上記で解説した国際フェアトレードラベル運動を経て、基準をクリアした国際フェアトレードラベルの認証を受けたものが商品に付けられるようになりました。

国際フェアトレードラベルは、コーヒーなりチョコレートなり原料が生産、加工、製造過程などすべての工程の中で、国際フェアトレードラベル機構が定めた基準が厳守されていることを証明するラベルです。

認証原料100%の製品に表示されるようになりました。

国際フェアトレードラベルには1種類ではなく、ラベルの右横に「COTTON」「COCOA」「TEA」「HONEY」などの原料が記載されたタブがあります。

これは国際フェアトレードラベル基準を厳守した製品であることを証明し、フェアトレードとして調達した原料だということを示しています。

国際フェアトレードラベルはフェアトレード製品を見極める際に一つの指標となるのです。
 

日本ではフェアトレードマークの規定はない?



もともと、フェアトレードには基準となる法律がありません。

実はどんな基準でフェアトレード商品と名乗っても、罰則を受けることがないのが現状です。

日本にあるフェアトレードマークについては、国際フェアトレードラベルやフェアトレード団体(FLO)マーク以外のものを使用していることが多いのが特徴です。

日本で多く見られるフェアトレードマークは、企業や団体が独自でフェアトレードとしての基準を設定したもので、生産者と直接取引をしたり、生産者とのコミュニティを支援する団体が多い背景があるものです。

この中には、国際フェアトレードラベルやフェアトレード団体(FLO)マークよりも厳しい基準を設けている企業や団体もあるということです。

明確な規定がないといえども、日本では90年代から次第に活発化。

多様なフェアトレードが行われながら、その他のフェアトレードマークを使用して大手の企業がどんどん参入していることから、自主的にフェアトレードを名乗っています。

フェアトレード商品を探そう



フェアトレード商品にはフェアトレードマークが付いています。

それを目印に商品を選びますが、実際にフェアトレード商品にはどのようなものがあるのか、ここではご紹介したいと思います。
 

どんな商品があるの?


フェアトレード商品は食品から化粧品まで多岐にわたります。

前述でも少しご紹介しましたが、ここではもっと詳しく商品のジャンルについてご紹介します。

<食品>
・コーヒー
・紅茶
・カカオ製品
・砂糖
・はちみつ
・果物加工果物(缶詰やドライフルーツ)
・ナッツ
・ワイン
・オイルシード、油脂果実
・スパイス、ハーブ
・穀類

<その他>
・スポーツボール
・切り花
・コットン製品
・金
・化粧品

などがあります。

ご覧いただいたように、フェアトレード製品は日常で使うものも多く、特に食品や化粧品はすぐに取り入れやすいのではないでしょうか。

コーヒーやチョコレート、果物、ワインなど定期的に買っているという人も多い食品については、意識してフェアトレード商品を取り入れることができます。

また、フェアトレード化粧品には原料にこだわったものも多く、原料を扱う企業では厳しい審査がされていたり、安心して使用できるものが豊富にあります。
 

トリロジーローズヒップオイル



本メディアのエシカミーが扱っている商品の中にもフェアトレード商品があります。

化粧品のフェアトレード商品の例として、フェアトレードブランドのトリロジーをご紹介します。

トリロジーの中でも圧倒的な人気を誇るローズヒップオイルは、ブランドのアイコン的存在です。

もともと、お肌への効果を持つローズヒップオイルに出会ったことがきっかけで、ニュージーランドの姉妹がブランドを立ち上げました。

原料にこだわり、地球環境や社会的にも貢献しているブランドです。

◆社会問題に特に貢献
特に社会的な問題にはあらゆる観点で貢献度が高く、例えば、ケニアとタンザニアの最も困難な状況を強いられているエリアにおいて資金援助を行う非営利団体の「So They Can」の活動に携わっています。

ローズヒップオイルの製造に携わっている人たちを援助し、彼らの事業拡大につなげるため、ローズヒップ種子を圧搾する最新式の圧搾機を提供したりしています。

この他にも、女性と少女たちに対する暴力撤廃を支援する国連ウィメンエンパワーメントのパートナーとして、男女平等に働ける環境を支援しています。

このようにあらゆる観点から、トリロジーはフェアトレードにつながっているブランドです。

>>トリロジーの詳細はこちらから
 

エティークシャンプーバー




トリロジー以外にもエシカミーはフェアトレード商品を扱っています。

ここでご紹介したいのは、エティークシャンプバーです。

エティークは、2012年にニュージーランドで設立したブランドです。

プラスチックボトルや環境に悪い化学成分を使用せずにこだわりの成分で作られた固形バーソープのブランドです。

特に、エティークのシャンプーとコンディショナーに関しては、液体製品独特のプラスチックボトルを一切排除して、2025年までには5000万本のペットボトルの製造と廃棄を目標に掲げています。

エティークの製品の主原料はフェアトレードのカカオバターとサモア産のココナッツオイルを使用しています。

また、児童労働が問題になっている化粧原料も使用せず、エティークで使用しているマイカを含む成分はすべて生活に最低限必要な給料を約束するリヴィングウェイジにつながっています。

>>エティークの詳細はこちらから

フェアトレード製品を取り入れてみよう



フェアトレードは現在、多くの企業が導入し、発展途上国の生産者の生活を支援するため、積極的に取り組んでいます。

フェアトレード商品は日常で取り入れられるものも多く、食品だけでなくフェアトレードもお肌への負担もどちらも叶えたトリロジーやエティークなどの美容アイテムも人気です。

ぜひ、簡単に日常生活に取り入れられるフェアトレード製品を選んで、社会問題に貢献していけるといいですね。

LINE Twitter Facebook note
エシカルコスメブランド12選を一挙ご紹介!コスメの種類の違いなども解説
エシカルファッションとは?目的や意義・選び方まで紹介
INDEX