オーガニックファンデーションとは?メリットや注意点・おすすめアイテムをチェック

オーガニックファンデーションとは?メリットや注意点・おすすめアイテムをチェック

有機栽培で育てられた植物の成分を取り入れたファンデーションである「オーガニックファンデーション」。

植物由来の成分で作られていることから、お肌に優しいというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

そんなオーガニックファンデーションには、実際どのような成分が含まれているのか気になりますよね。

本記事では、オーガニックファンデーションが持つ特徴や一般のファンデーションとの違い、選び方などオーガニックファンデーションが持つ魅力について詳しくご紹介します。
 

目次
1.オーガニックファンデーションとは?
2.オーガニックファンデーションを選ぶポイントとは?
3.ファンデーションの種類とは?
4.美容スタッフお気に入り&口コミで人気なオーガニックファンデーション12選
5.美容スタッフお気に入り&口コミで人気なオーガニックコスメ10選
6.お肌に合ったファンデーションを選んで健やかなお肌作りを

オーガニックファンデーションとは?



そもそもファンデーションとは、毛穴の凹凸を隠す役割やお肌のトーンを明るくしてくれるメイクのベースとなるアイテムです。

コスメの中でもお肌全体に塗布することから、配合成分がお肌にどの程度影響を与えるのか気になるのではないでしょうか。

中でも、オーガニックファンデーションとは、有機栽培などで育てた植物由来の成分を配合したファンデーションのことであり、栽培段階から製造まで、科学的なものを含まないことが大きな特徴と言えます。

防腐剤やパラベンなどの科学的な成分は、ファンデーションなどの化粧品において、さまざまな影響を及ぼす可能性があることから、敏感肌の方やアレルギー体質の方にとって避けたいものでもあります。
 

一般のファンデーションとの違い


植物由来の成分を配合したオーガニックのファンデーションと、一般のファンデーションにはどのような違いがあるのでしょうか。

そもそも一般のファンデーションとは、科学的な成分を含んで作られたアイテムを指します。

代表的な科学的成分として、合成着色料や合成香料、パラベンや防腐剤などがあり、これらの成分は、ファンデーションのクオリティーを上げるために含まれる成分となっています。

普通肌の方にとって大きな影響があるものではないものの、お肌が弱い敏感肌やアレルギー体質の方は、これらの成分によって肌荒れやかぶれなどを起こしてしまうこともあります。
 

オーガニックファンデーションのメリット




オーガニックファンデーションの最大のメリットは、化粧品かぶれを起こしやすい科学的な成分が含まれていないことが特徴です。

先ほども説明した通り、オーガニックファンデーションは、合成着色料や合成香料、パラベンや防腐剤などの科学的な成分を含まないことから、お肌のトラブルを起こしやすい方でも比較的安心してお使いになることができます。

またオーガニックファンデーションの中には、石鹸で落とすことができるファンデーションもあるため、洗顔等でのお肌への負担も軽減できます。

特にお肌の弱い方は、お肌のバリア機能が低下している傾向にあるため、クレンジング等でお肌の抵抗力をさらに落としてしまう可能性もあることから、オーガニックファンデーションが石鹸で落としやすいこともメリットの1つです。
 

オーガニックファンデーションのデメリットや注意点




一般的なファッションと比べるとオーガニックのファンデーションは、メリットばかりと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、オーガニックファンデーションでも気をつけるべきポイントやデメリットも存在します。

オーガニックファンデーションは、一見どんなお肌にも対応していると思われがちですが、植物由来の成分を原料としているという点から植物自体にアレルギーを持つ方は、アレルギー反応が出てしまうことがあります。

普段触れることのない植物成分が入っていることもありますので、アレルギー体質の方を含め敏感肌の方は、必ずパッチテストを行う必要があります。

◆カバー力が落ちることも
天然由来の成分のみで作られているものは、一般的なファンデーションに比べてカバー力が落ちてしまうこともあります。

一般的なファンデーションに含まれる科学的な成分がカバー力を高めているため、オーガニックファンデーションに移行することで、物足りなさを感じる方もいらっしゃるでしょう。

また、オーガニックファンデーションの中は、防腐剤が入っていないものもあります。

全てのオーガニックファンデーションが防腐剤を含まないとは限りませんが、防腐剤が入っていないことで、使用期間が短いというのもデメリットの一つです。

開封後は、2~3カ月を目安に使い切ることをおすすめします。

オーガニックファンデーションを選ぶポイントとは?


オーガニックファンデーションのメリットとデメリット、そして注意点を確認したところで、これらを踏まえた上でのオーガニックファンデーションの選び方をご紹介します。

オーガニックファンデーションを選ぶ上で確認しておきたいポイントをご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。
 

認証マークのチェック


現在、日本国内でオーガニック商品に対する国で定められる規定は、JAS法に則って定められた農産物や加工商品などの食品関係のもののみとなっています。

そのため、国産のオーガニック化粧品には、オーガニックの基準が設けられていません。

オーガニックと謳いながらも実際には、一部しかオーガニックな成分を含んでいない場合もあります。



一方で、ヨーロッパなどのオーガニック先進国では、オーガニック化粧品にもオーガニックの商品と謳う場合に必ず認証マークが必要となります。

そのため、信頼できるオーガニック化粧品を選ぶには、オーガニック認証マークをチェックすると良いでしょう。

ドイツの「BDIH」やフランスの「ECOCERT」は、ヨーロッパのオーガニック化粧品に多い認証マークですので、予めオーガニック認証マークをチェックしておくのもおすすめです。

また、国産のオーガニック化粧品の中にも海外でのオーガニック認証を受けたものもありますので、国産のオーガニック化粧品でも認証マークのチェックをしてみると良いでしょう。
 

配合成分のチェック




オーガニック化粧品は、上記で説明した通り、国産のオーガニック化粧品においては、定められた基準がありません。

メーカーによっては、海外の認証マークを取得していないものの、オーガニックな成分のみを使用した化粧品もあります。

そのため成分表にて、配合成分をチェックするのも選び方のポイントです。

また、注意点で記載したように、オーガニックな化粧品の中に含まれる植物由来の成分でアレルギー反応を起こす場合もあるので、植物に対するアレルギーをお持ちの方は、植物の成分も必ず確認しましょう。

ファンデーションの種類とは?

ファンデーションには、オーガニック・一般の違いに関わらず、さまざまな種類があります。

コンパクトタイプのパウダーファンデーションからリキッドやクリームタイプ、また粉状のファンデーションもあり、それぞれ仕上がりの質感が変わります。

カバー力や持続力を求める場合には、リキッドやクリームタイプ、また軽い仕上がりを求める場合には、パウダーファンデーションや粉タイプを選ぶなど用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

美容スタッフお気に入り&口コミで人気なオーガニックファンデーション12選

さまざまな種類があるファンデーション。

それぞれのファンデーションの特徴をチェックした上で、美容スタッフがおすすめするオーガニックファンデーションについて紹介します。

それぞれのブランドとオーガニックファンデーションの特徴をチェックしていきましょう。
 

naturaglace(ナチュラグラッセ)/クリアパウダー ファンデーション



引用元:naturaglace

4種類のミネラルパウダー配合のナチュラグラッセの「クリアパウダー ファンデーション」は、自然なカバー力に加え、透明感のある仕上がりのアイテムです。

軽いつけ心地なので、気になる部分だけに使用するのもおすすめです。

>>naturaglace(ナチュラグラッセ)/クリアパウダー ファンデーションの詳細はこちら
 

amritara(アムリターラ)/アメージングオーガニックファンデーション



引用元:amritara

オーガニックのホホバオイルやアロエベラでお肌を潤わせながら気になる部分をカバーするアムリターラの「アメージングオーガニックファンデーション」。

サンゴパウダーによって、余分な皮脂を吸着させるため、化粧崩れがしにくいファンデーションです。

>>amritara(アムリターラ)/アメージングオーガニックファンデーションの詳細はこちら
 

ETVOS(エトヴィス)/タイムレスミネラルファンデーション



引用元:ETVOS

マットな仕上がりがお好きな方には、エトヴィスの「タイムレスミネラルファンデーション」がおすすめです。

色ムラを防ぎながらナチュラルな仕上がりで、毛穴にもしっかりとアプローチしてくれるアイテムです。

>>ETVOS(エトヴィス)/タイムレスミネラルファンデーションの詳細はこちら
 

naturaglace(ナチュラグラッセ)/エモリエント クリームファンデーション



引用元:naturaglace

ナチュラグラッセのファンデーションならリキッドタイプの「エモリエント クリームファンデーション」も人気の一つです。

ベースにも使えるこのファンデーションは、1つでも十分カバー力に優れており、しっとりツヤ感のあるお肌をお求めの方におすすめです。

>>naturaglace(ナチュラグラッセ)/エモリエント クリームファンデーションの詳細はこちら
 

babu-beaut’e(バブーボーテ)/スムースナチュラルファンデーション



引用元:babu-beaut’e

美容家の先生が監修したオーガニックコスメバブーボーテの「スムースナチュラルファンデーション」は、ナチュラル感のあるお肌に仕上がるリキッドファンデーションです。

赤みが気になる部分などには、重ね塗りもできるため毛穴が目立ちづらいアイテムです。

>>​​​​​​​babu-beaut’e(バブーボーテ)/スムースナチュラルファンデーションの詳細はこちら
 

AQUA AQUA(アクア・アクア)/オーガニッククッションコンパクト



引用元:AQUA AQUA

可愛らしいパッケージが魅力のアクア・アクア「オーガニッククッションコンパクト」は、フルーツエキス配合のツヤ感のあるファンデーションです。

石鹸で落とせるファンデーションなので、お肌への負担も軽減できるアイテムです。

>>​​​​​​​AQUA AQUA(アクア・アクア)/オーガニッククッションコンパクトの詳細はこちら
 

MIMC(エムアイエムシー)/ミネラルクリーミーファンデーション



引用元:MIMC

天然のミネラル成分をベースに有害な化学物質を一切使用していない「ミネラルクリーミーファンデーション」。

カバー力にも優れており、カラーバリエーションも豊富です。

しっとしとした仕上がりになるため、乾燥肌の方におすすめです。

>>MIMC(エムアイエムシー)/ミネラルクリーミーファンデーションの詳細はこちら
 

rms beauty(アールエムエス ビューティー)/クリームファンデーション



引用元:rms beauty

セミマッドタイプのアールエムエス ビューティーの「クリームファンデーション」。

薄付の肌馴染みが良いファンデーションで、部分使いも可能です。

厚塗り感のないお肌に仕上げたい方にも良いでしょう。

>>​​​​​​​rms beauty(アールエムエス ビューティー)/クリームファンデーションの詳細はこちら
 

ETVOS(エトヴィス)/クリーミィタップミネラルファンデーション



引用元:ETVOS

ベースいらずで使えるエトヴィスの「クリーミィタップミネラルファンデーション」は、SPF42の紫外線を防ぐアイテムでありながらも紫外線吸収剤を使用していないため、お肌に負担をかけずに紫外線から守るファンデーションです。

>>ETVOS(エトヴィス)/クリーミィタップミネラルファンデーション​​​​​​​の詳細はこちら
 

Alima Pure(アリマピュア)/サテンマットファンデーション



引用元:​​​​​​​Alima Pure

高品質なミネラル100%のアイテム、アリマピュアの「サテンマットファンデーション」は、細かい粒子でお肌の凹凸をカバーしてくれるアイテムです。

低刺激なアイテムですので、極力ファンデーションを付けたくない方におすすめです。

>>​​​​​​​Alima Pure(アリマピュア)/サテンマットファンデーションの詳細はこちら
 

bareMinerals(ベアミネラル)/オリジナル ファンデーション



引用元:bareMinerals

同じく粉タイプのミネラルファンデーションならベアミネラルの「オリジナル ファンデーション」もおすすめです。

粉タイプのファンデーションでありながらもクリーミーなテクスチャーで、お肌をみずみずしく整えていきます。

>>​​​​​​​bareMinerals(ベアミネラル)/オリジナル ファンデーションの詳細はこちら
 

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)/ファンデーション



引用元:ONLY MINERALS

薬用タイプのファンデーションならオンリーミネラルの「ファンデーション」はいかがでしょうか。

薬用なのにしっかりカバー力もあり、メラニンの生成も抑えてくれます。

密着度も高いので、お肌のお悩みをお持ちの方にぴったりです。

>>ONLY MINERALS(オンリーミネラル)/ファンデーション​​​​​​​の詳細はこちら

美容スタッフお気に入り&口コミで人気なオーガニックコスメ10選

ファンデーションに加えておすすめのオーガニックコスメも紹介します。
 

トリロジー/Cブースター トリートメント



トリロジーの「Cブースター トリートメント」は、集中型ビタミンCトリートメントです。

フレッシュなビタミンCを2週間たっぷり浸透させることで、肌の奥にあったくすみも少なくなり、お肌がトーンアップしたという口コミも寄せられています。

>>​​​​​​​トリロジー/Cブースター トリートメントの詳細はこちら
 

トリロジー/ハイドレーティング ミスト トナー



同じくトリロジーの「ハイドレーティング ミスト トナー」は、ラベンダーオイルでお肌を整え、さらにゼラニウムの効果により肌荒れを防いでくれるミストです。

浸透力がよく、スッキリしたテクスチャーですので、ローズヒップオイルやナイトクリームと使用するのもおすすめです。

>>​​​​​​​トリロジー/ハイドレーティング ミスト トナーの詳細はこちら
 

トリロジー/ローズヒップオイル



トリロジーの人気アイテム「ローズヒップオイル」は、キメが整っていくのを実感することができるアイテムです。

100%オーガニックのローズヒップオイルしか入っていないため、肌にとって余分なものや過剰なケアは不要と思わせてくれるのもポイントです。

>>トリロジー/ローズヒップオイルの詳細はこちら
 

ハーブファーマシー/マロービューティバーム



乾燥にお悩みの方には、ハーブファーマシーの「マロービューティバーム」がおすすめです。

お肌に膜を作るようにしっかりと保湿できるテクスチャーで、小さなポツポツが目立たなくなったり、乾燥による小じわも軽減されたという口コミもあります。

>>​​​​​​​ハーブファーマシー/マロービューティバームの詳細はこちら
 

ARGITAL/インテンシブ エキナセアクリーム



引用元:ARGITAL

チューブタイプの持ち運びに便利なアイテムARGITALの「インテンシブ エキナセアクリーム」は、繰り返す肌トラブルにおすすめクリームです。

花粉の時期にも使えるアイテムで、ハーブのような爽やかな香りで、お肌も心も落ち着かせてくれます。

>>ARGITAL/インテンシブ エキナセアクリーム​​​​​​​の詳細はこちら
 

ARGITAL/グリーンクレイペースト



引用元:ARGITAL

ARGITALの人気アイテムといえば「グリーンクレイペースト」です。

週に1度のスペシャルケアにおすすめで、海泥のピュアクレイによって、お肌の汚れを吸着し、お肌のトーンアップが望めます。

>>​​​​​​​ARGITAL/グリーンクレイペーストの詳細はこちら
 

PANPURI(パンピューリ)/ロータス DFNS フェイス トリートメントオイル



引用元:​​​​​​​PANPURI
100%オーガニック&ナチュラル成分で作られたパンピューリの「ロータス DFNS フェイス トリートメントオイル」は、敏感肌の方のお肌にも優しくアプローチし、ハリと潤いを与えてくれるフェイシャルトリートメントオイルです。

肌再生機能の促進にも繋がる成分配合で、健康的なお肌へと導きます。

>>​​​​​​​PANPURI(パンピューリ)/ロータス DFNS フェイス トリートメントオイルの詳細はこちら
 

F organics(エッフェオーガニック)/モイスチャーローション



引用元:F organics

しっとりタイプのオーガニック化粧水ならエッフェオーガニックの「モイスチャーローション」がおすすめです。

サクランRと言われるヒアルロン酸の5倍以上の保湿成分を配合し、潤いのあるお肌へと整えていきます。

>>​​​​​​​F organics(エッフェオーガニック)/モイスチャーローションの詳細はこちら
 

ALLNA ORGANIC(オルナオーガニック)/美容液



引用元:ALLNA ORGANIC

4種類のビタミンC配合オルナオーガニックの「美容液」は、乾燥でお悩みの方におすすめのアイテムです。

ビタミンCに加え、3種類のコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどのお肌の潤いを保つ成分がたっぷりと配合され、天然精油のリラックス感のある香りで、癒しの効果もあるアイテムです。

>>​​​​​​​ALLNA ORGANIC(オルナオーガニック)/美容液の詳細はこちら
 

N organic(エヌオーガニック)/モイスチュア&バランシング ローション



引用元:N organic

乾燥肌・敏感肌・混合肌とどんなお肌にも使えるアイテムがエヌオーガニックの「モイスチュア&バランシング ローション」です。

スクワランやホホバ種子油で乾燥を防ぎ、ローズマリー葉エキスやラベンダー花エキスで肌荒れを防ぎます。

さらにハリやキメを整える成分も配合し、若々しいお肌に仕上げてくれます。

>>​​​​​​​N organic(エヌオーガニック)/モイスチュア&バランシング ローションの詳細はこちら

お肌に合ったファンデーションを選んで健やかなお肌作りを

オーガニックファンデーションは、お肌に対する刺激を抑えたものが多いことから、化粧品での肌トラブルを起こしやすいものが比較的少ない傾向にあります。

また石鹸で落としやすいものも多いため、ファンデーションが与える刺激を抑えるだけでなく、洗顔などでの刺激も合わせて抑えることもできます。

オーガニックファンデーションでの注意点や選び方などに加えて、おすすめのファンデーションも紹介したので、お肌に合ったファンデーションを選んで、普段の化粧品に加えてみてはいかがですか?

エシカルコスメブランド12選を一挙ご紹介!コスメの種類の違いなども解説
オーガニックリップについて知りたい方必見!特徴やメリット・デメリットもご紹介
INDEX