陶器肌の作り方は?スキンケア・メイク別に紹介!

LINE Twitter Facebook note

誰もが一度は憧れる、透明感のある美しい「陶器肌」。この理想的な肌を手に入れるためには、外側からも内側からも適切なケアを行うことが重要です。また、メイクする際に、少しポイントを押さえることで「陶器肌」に近づけることもできます。この記事では、理想の「陶器肌」をつくるスキンケアやメイクの方法、日常生活の中での注意ポイントなどをご紹介します。ぜひ、いつものルーティンに取り入れて、自信の持てる美しい肌を目指してください。

陶器肌とは

陶器肌とは、なめらかで透明感があり、毛穴や凹凸の目立たないつるんとした肌のことです。キメの細かさや自然なツヤ、均一な肌トーンも、まるで陶器のような肌であることからこのように呼ばれています。陶器肌を作るためには、いつものスキンケアやメイクを見直し、いくつかのポイントを押さえる必要があります。早速次の章から詳しく見ていきましょう。
 

スキンケアで作る「陶器肌」


憧れの「陶器肌」は、毎日のスキンケアでも目指すことができます。ここでは、なめらかで透明感のある理想的な肌を作る、適切なスキンケア方法をご紹介します。

正しい洗顔で汚れを残さない

「陶器肌」の条件として、毛穴レスな肌は欠かせません。メイクや洗い残しなどの汚れがあると、毛穴詰まりを起こし、黒ずみや開きにつながってしまいます。毎日の汚れが積み重ならないように気をつけましょう。そのためにも、クレンジング剤や洗顔料で肌の汚れを丁寧に浮き上がらせ、肌に負担のかからないぬるま湯で、十分なすすぎを心がけましょう。ただし、洗浄力の高すぎるクレンジング剤・洗顔料を使用すると、必要以上に皮脂を取り去り、過剰な皮脂分泌につながることも。結果、毛穴の詰まりやニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるので、自分の肌質やメイクに合ったクレンジング剤・洗顔料を選ぶように注意しましょう。もし洗顔後に、肌のつっぱり感を感じたり、赤みや痒みが出る場合は、肌質に合っていないサインです。

美容液で栄養を補う

「陶器肌」を手に入れるためには、肌に栄養を行き渡らせて健康的な状態を保つことが重要となります。そのためには、美容液を取り入れることも一つの方法です。中でもおすすめなのが、毛穴の引き締め効果や、肌のトーンアップが期待できる「ビタミンC」です。その他、「コエンザイムQ10」も注目の美容成分のひとつです。肌トーンを均一にしてくれたり、肌に潤いを与え自然なツヤ感を引き出してくれたりします。また、乾燥小じわなどのエイジングサインにもアプローチし、マルチな効果が期待できます。どのような栄養が必要なのか、自分の肌状態と相談しながら、選んでみてください。

保湿で肌の水分量をキープ

肌の水分量が足りなくなると、肌のバリア機能が損なわれ、外部刺激に弱くなってしまいます。その結果、痒みや赤み、かさつきなどの肌トラブルを引き起こすことも。朝晩のスキンケアでしっかりと肌に水分を与え、なめらかで自然なツヤのある「陶器肌」に近づけましょう。また、水分補給だけでなく、適度に油分も与えることで皮膚に膜を作り、水分の蒸発を防ぐことが出来ます。自分の肌の水分状態をチェックして、肌質に合ったバランスの良い保湿ケアを意識してみてください。
 

適度な角質ケア

毛穴の目立たない、明るいなめらかな肌のために、週に1〜2回角質ケアを取り入れることもおすすめです。古い角質が剥がれ落ちず残ったままだと、肌表面がゴワゴワし、くすんだ印象になってしまいます。また、毛穴の中に古い角質が溜まってしまうことで、毛穴を広げたり、古い角質が皮脂と混ざり、酸化して黒ずみになってしまったりすることもあります。角質をケアするために、スクラブ剤やパック、拭き取り化粧水や美容液など様々な製品があります。自分の肌質や、使いやすさなどお好みで選び、スペシャルケアとして取り入れてみてください。思わず触れたくなるような柔らか肌を叶えてくれるでしょう。

メイクで作る「陶器肌」


スキンケアで「陶器肌」の土台を整えたら、メイクで理想の肌へと近づけましょう。ここでは、メイクで自信の持てる肌を作るポイントをご紹介します。

プライマーでベース作り

プライマーは、「陶器肌」に仕上げるための要とも言えるでしょう。全ての肌悩みをファンデーションでカバーしようとすると、厚ぼったく、不自然な仕上がりになってしまいます。そのため、プライマーで毛穴や肌の凹凸をなめらかにすることで、「陶器肌」のベースを作ります。プライマーを塗布する際は、指先もしくはスポンジで、下から上にトントンと軽く叩き込むようにして、毛穴や凹凸を埋めていきます。また、赤みやくまなどが気になる場合は、コントロールカラーを部分的に重ねてカバーするのがおすすめです。紫外線対策のために、UV効果のあるプライマーを選ぶと良いでしょう。
 

ファンデーションは薄めに

「陶器肌」を作るには、ナチュラルな仕上がりがポイントです。プライマーで肌のベースを整えたら、ファンデーションは薄づきで十分。ファンデーションを均一に顔全体に塗るのではなく、生え際やフェイスラインは避けることで、より自然でナチュラルな仕上がりになります。顔の内側から外側に向けて、指先やスポンジを使って軽くトントンと塗っていきましょう。まずは頬から始め、額や口元にも伸ばしていきます。小鼻や口元など、気になる部分も丁寧に仕上げましょう。

フェイスパウダーで自然なツヤ感

フェイスパウダーは、余分な皮脂や肌のテカリを抑えてくれるので、自然なツヤがあり適度なマット感がポイントの「陶器肌」を作るのにおすすめのアイテムです。具体的には、肌の色味を変えず透明感のある仕上がりになるトランスルーセントパウダーや、微粒子で少しパール感のあるパウダーを選ぶと良いでしょう。使用する際のポイントは、ブラシにパウダーを含ませ、ティッシュなどで余分なパウダーを落としてから、軽いタッチで顔全体につけていきます。フェイスパウダーには、メイクを長時間キープしてくれる効果もあるので、小鼻や目の下、口元にも丁寧にパウダーをつけ、メイク崩れを防ぎましょう。

ハイライトで立体感のある「陶器肌」に

仕上げにハイライトを加え、立体感のある「陶器肌」を作りましょう。ゴールドやピンク系のハイライトは肌に馴染みやすく、自然なツヤ感を演出してくれます。使用する際は、鼻筋や鼻の頭、Cゾーン、目頭、上唇の山、あごの先など、光を集める部分に軽く乗せると、「陶器肌」をより立体的に見せてくれます。ハイライトは少量から始め、徐々に追加していくと均一で自然な仕上がりになります。

「陶器肌」を目指すには生活習慣の改善も大切

理想的な肌作りには、内側から健康的な肌を形成することが大切です。日常生活において、肌に影響を与える習慣は少なくありません。この機会に、生活習慣を見直してみましょう。

バランスのとれた食事

「陶器肌」の土台となる健康的な肌を作るには、食事からバランス良く栄養素を摂取するように意識しましょう。果物や野菜から多く摂取できるビタミン類やミネラルには、肌を酸化から守ってくれる効果もあります。また、魚や肉、大豆製品から得られる良質なタンパク質は、健康的な肌作りをサポートします。さらに、アボカド、ナッツ、オリーブオイルなどの良質な脂質を摂ることで、肌をうるおしツヤを与えてくれます。この機会にぜひ自分の食生活を見直し、足りていない栄養素を補う食品を増やすなど、バランスの良い食事を心がけましょう。
 

十分な水分補給

水を摂取することは、美肌作りには不可欠です。十分な水分補給をすることで、肌のうるおいを保つだけでなく、血液の循環をサポートし栄養素を身体中に届けてくれます。また、新陳代謝を促進し、老廃物や毒素を排出する役割を果たします。これにより、肌が健康な状態を維持しやすくなります。水分補給する際は、常温か白湯で摂取するなど、体を冷やさないように気をつけてください。食事からとる水分も含め、1日2L程度の水分摂取が良いと言われています。こまめに水分を摂る癖をつけましょう。

睡眠時間の確保

睡眠が肌に与える影響は大きく、健康的な肌作りには重要な要素です。睡眠中は、肌の細胞が修復・再生され、古い細胞が取り替えられる時間です。また、睡眠中には血流が増加し、栄養や酸素が各組織に行き渡ります。睡眠時間が足りていないと、これらのプロセスが妨げられ、肌の不調につながってしまいます。また、睡眠不足が続くと、疲労感やイライラを感じやすくなり、ストレスが増大します。ストレスは肌内部の炎症を招いたり、過剰な皮脂を分泌したりと、肌荒れに繋がってしまいます。理想的な「陶器肌」を作り保つためにも、十分な睡眠時間を確保するように心がけましょう。

ここまで、憧れの「陶器肌」を作るためのスキンケア方法、メイク方法、生活習慣の改善ポイントを見てきました。普段の生活の中で少し意識してみるだけで、理想の肌を目指すことができます。手軽に実践できるポイントから始めてみるのはいかがでしょうか。

「陶器肌*」におすすめの美容オイル「采茶~SAICHA」

これまでご紹介してきたように、「陶器肌」を目指すために意識すべきことは様々ありますが、スキンケアの中で必要な栄養を肌に与えることは、簡単に取り入れられる方法のひとつです。

その中でも特におすすめしたいのが、美容オイルです。美容オイルは、高い保湿力を持っていることに加え、様々な栄養を含んでいるため、気になる肌悩み*¹にマルチにアプローチしてくれる効率的なアイテムです。普段お使いの保湿剤に合わせて使用すると、ステップを増やさず簡単に取り入れられるので、スキンケアにあまり時間をかけたくない方にも取り入れやすいのもポイント。

エシカミーで取り扱っている「采茶~SAICHA」は、「陶器肌」を目指すためにおすすめの成分*²が豊富に含まれた美容オイルです。お茶の名産地でもある静岡県産の「茶の実」100%搾りたてオイルを、そのままボトルに詰め込んだナチュラル仕上げ。敏感肌など、どんな肌質の方も安心*³して取り入れられるアイテムです。

*潤いとハリがありキメの整ったまねらかな肌のこと *¹乾燥やハリ・ツヤ不足など *²オレイン酸・リノレン酸・ユビキノン(すべて整肌成分)*³パッチテスト済(すべての方に肌トラブルがおこらないということではありません

マルチな効果が期待できる「コエンザイムQ10*¹」配合

「陶器肌」を目指すには、保湿や肌の引き締め、肌のなめらかさなど、様々な要素に対してケアをすることが大切です。その中でも「コエンザイムQ10*¹」はエイジングケア*²に効果的な成分として注目されており、肌の弾力性を与えたり、キメを整え肌を美しく魅せるサポートしたりなどマルチな効果が期待できます。また、乾燥による小じわにもアプローチ*³、気になるエイジングサイン*⁴も同時にケアしてくれます。「采茶~SAICHA」の原料は、植物の中で唯一天然の「コエンザイムQ10*¹」を含む茶の実100%であるため、特にナチュラルなオイルを探している方におすすめです。

豊かな栄養がたっぷり含まれる自然のオイル

「采茶~SAICHA」には、「コエンザイムQ10*¹」に加え「β-カロテン、オレイン酸、リノレン酸 *⁵」や、肌にツヤを与える「ビタミンE*⁶」など、豊富な栄養成分がたっぷり含まれています。100%天然の成分だからこそ、このような栄養素がたっぷりと含まれているのです。いつものスキンケアに取り入れるだけで、うるおいを与え、なめらかでつるんとし、ハリツヤのある「陶器肌」を目指すことができます。

*¹ユビキノン(整肌成分)  *² 年齢に応じたケアのこと *³采茶CHフェイシャルオイルは、乾燥による小ジワを目立たなくする(*効能評価試験済み) *⁴乾燥やハリ・ツヤ不足など *⁵全て整肌成分 *⁶整肌成分

無添加・無農薬で安心の仕上がり

原料の純国産の茶の実は、無添加で育てられています。人の手でひとつひとつ丁寧に実を選別し、丁寧にコールドプレスして絞られたオイルは、茶の実2粒から1滴しか取れない大変貴重なものです。防腐剤や着色料などは一切加えられておらず、100%天然成分でできた優しいオイルなので、敏感肌の方も含め、どんな肌質の方*もお使いいただけます。


*パッチテスト済(すべての方に肌トラブルがおこらないということではありません

「陶器肌」は作れる

この記事では、誰もが憧れる「陶器肌」を作るスキンケア方法・メイク方法・おすすめのスキンケア製品をご紹介しました。毎日の生活の中で、いつものルーティンを少し意識して変えてみたり、新しく取り入れてみたりするだけで、「陶器肌」を作ることができるのです。ご紹介したように、理想の肌を手に入れるための方法は多岐に渡ります。自分の肌状態と相談しながら、今必要な肌のお手入れの方法や生活習慣を見直してみるのはいかがでしょうか?

LINE Twitter Facebook note
美容オイルはいつ使う?特におすすめの肌質も紹介
【今日からできる】肌荒れを防止するスキンケア方法!
INDEX