サスティナブルファッションとは?今後はエシカル志向なスタイルがマスト

サスティナブルファッションとは?今後はエシカル志向なスタイルがマスト

最近よく耳にする「サスティナブル」や「サスティナ的」という言葉。特にファッション業界では旬なキーワードとなっています。 そんなサスティナブルファッションとは、一体どういうファッションのことを言うのでしょうか。

サスティナブルファッションとは?

サスティナブルとは、直訳すれば「維持、持続可能」という意味ですが、ファッション業界では、自然環境を意識した取り組みやリサイクルをして不要になったものを生かして新しい商品を作ったりする取り組みのことです。
もう少し簡単に言えば、レザーは牛革や豚革など動物の革を使用せずに、エコ素材を意識的に使用したものづくりをしているという取り組みが、サスティナブルファッションと言います。

ファッション業界が環境へ与える影響


ファション業界はこれまで環境への配慮が薄く、あまり意識もせずにどんどん衣服を作ってきました。 地球汚染に影響を与えている業界は、実はファッション業界が大きいとも言われています。
衣服に使用するレザー、羊毛、ラクーン、フェザーなど動物を大量に処分するだけでなく、衣服を毎年処分するのも大気汚染の問題となっています。 1枚の大きさにもよりますが、例えば毛皮のコートを一枚作るのに、フォックスなら10頭〜15頭分の毛皮が必要であり、ミンクならその6倍、7倍もの数の毛皮が必要だと言われています。

冬に人気のラクーンのニットですが、ふんわり感を出すために大きめに作られたものもあり、1匹では到底作られません。 日本では数多くの動物の毛で作られたアイテムが展開されていますが、おそらくかなりの数のタヌキやフォックス、ラビットが殺傷されていることでしょう。

大量に生み出され大量に捨てられる衣類品


ファッション業界において衣服を作る過程では、多くの動物たちが犠牲になっています。
そして、衣服を買い足せば捨てる衣服も当然多くなり、一年間で約100万トンもの衣類品が廃棄されています。参考元:KOMERU
廃棄された衣類品は焼却されるので、その行方は二酸化炭素の排出です。
二酸化炭素がこの地球上に多くなっていくと、どうなるかお分かりでしょうか? もう数年も前から問題視されている「地球温暖化」です。
温度が上がると人体への影響だけではなく、気温が高い日が続くと食物が育たなくなったり、水不足などの問題にもつながっていくのです。

産業水汚染

ファッション業界が環境に与える影響には「産業水汚染」もあります。実はファッション業界は、水を多く使用する世界で二番目の産業なのです。 ファッションと水はどのように関係しているのでしょうか。参考元:Business Insider Japan
ず、毎日衣類を着ることにより洗濯をしますが、その洗濯によって年間で約50万トンのマイクロファイバーを海に排出していることになります。
参考元:Pobby House

マイクロファイバーとはいわゆるポリエステルのことで、衣類の素材によく使われ、製造時にも二酸化炭素として排出されるとも言われています。
さらに、衣服を製造する際には生地を染色することも多く、用いられた染色液がそのまま川や海に流されることで水を汚染してしまうこともあるのです。

飲み水になるまでに浄水されるといっても、汚染された川や海の生物や、そこで育った魚を人間が口にする確率も上がり、環境や人体に悪影響を及ぼします。

温室効果ガス

ファッション業界は、世界全体の約8%の温室効果ガスを排出していると言われています。 糸の加工や染色、繊維を生産する際に温室効果ガスが排出されるのです。参考元:サステナブル・ブランド ジャパン

また、ファッション業界は新しい物ほど売れやすいため、古いものは焼却していく文化があることから、売れなくなった在庫は焼却されます。
ファストファッションが流行し始めてからは、大量生産が進み、焼却する量もグンと増えました。 焼却時に二酸化炭素を大量に排出することになり、地球温暖化が進む原因となっています。

サスティナブルファッションの取り組み

ファストファッションが溢れている中でも、サスティナブルファッションに取り組んでいるブランドや企業があります。
その一つにフリマアプリがあります。 不要なものを捨てるのではなく売ることによって、地球に貢献しています。

また、レザーやファーなど目に見えてわかるような、動物を使っているウェアーをメインに取り扱っているブランドは、エコ素材を使用して地球に貢献している特徴があります。 エシカル志向に切り替えるブランドや企業は地球に貢献していくと考えられます。

サスティナブルファッションの選び方


サスティナブルな社会の実現へ向けて、私たちは衣類を購入する際には素材選びに気をつけなければいけません。
どんな素材が地球環境に優しいのか(=サスティナ的なのか)を知っておくことで、地球環境の保全に貢献することができます。
ここからは、サスティナブルファッションの選び方をご紹介します。

<サスティナブルファッションの選び方>
  • 素材を見て買う
  • リサイクルをする
  • オーガニック製品を選ぶ
決して難しいことではなく、少し工夫して考えるだけで地球環境を守っていくことができるのです。

素材を見て買う

サスティナブルファッションを取り入れる上で素材を選択することはとても重要です。
サスティナブルファッションにおいて選ぶべき素材は「リサイクルポリエステルコットン」や「オーガニックコットン」です。
選びたい素材 サスティナブルな側面 リサイクルポリエステルコットン コットン100%と同じように柔らかい風合いと耐久性が特徴です。

特にこの種類の中のコアヤーンという素材は耐久性が強いことから長く愛用できるので、そういった意味でもサスティナ的です。
オーガニックコットン ポリエステルなどと違って使用水量が少なく、農薬や肥料も使わずに作られています。
結果、98%も水質汚染を防ぐことができると言われています。温室効果ガスの排出量も少なく、二酸化炭素を排出するのも抑えられます。

また、オーガニックコットンは二酸化炭素を吸収してくれる効果もあると言われているので、生産、仕上がりにおいても環境に配慮された素材ということがわかります。

リサイクルをする


サスティナブルファッションには、サスティナ的な素材を選ぶだけではなく、リサイクルすることも含まれます。
トレンドの移り変わりは早いので、その年に買ったものでも、次の年には着なくなるということも多いです。
そんな時は捨てるのではなく、リサイクルすることを考えてみましょう。

リサイクルにはいろんな方法があり、フリマアプリを使用したり、初めからリサイクルされたものを使用したアイテムを選ぶことがポイントです。 また、リメイクやリサイクルショップへ売るなども一つの方法です。

すぐに捨てるのではなく、何か活かせることはないか考えてみましょう。

オーガニック製品を選ぶ

オーガニックは衣類だけでなく、食材や日用品などにも幅広く使用されていますが、大きく言えば化学的な物を一切使用せずに作られた地球にも体にも優しいもののことです。

ファッションでいうオーガニックは、「オーガニックコットン」を使用した衣類のことを指し、栽培する際に農薬や化学的な薬剤を使わずに育てられた綿素材の元となるものです。

栽培の時から地球環境に優しい取り組みがなされ、現在ではオーガニックコットンを使用した衣類を扱うブランドはとても多くなっています。
オーガニックコットンは通常のコットンに比べてみても使用する水の量が少なく、水質汚染だけでなく、水の使用量を削減するのもサスティナブルにつながっています。

オーガニックコットンを使用している製品には特徴があり、素材そのもの自体が若干ガサッとした肌触りですが、最近は肌触りの良いオーガニックコットンを使用した衣類も増えています。

品質を重視して購入しよう


サスティナブルファッションを取り入れたい場合は、品質をチェックすることが重要です。
選びたい素材は前述の通り、リサイクルポリエステルやリサイクルコットン、オーガニックコットンです。

購入する際には、品質表示を確認したり、積極的にサスティナブルファッションに取り組んでいるブランドを選びましょう。
サスティナブル的な素材の中では耐久性に優れたものもあり、ベーシックなデザインのものなら次の年も使えるため、長く使うことができます。

ファストファッションの多くはトレンドを反映したものが多く、価格も安いためそのシーズン使えば捨ててしまう人も少なくありません。
サスティナブルファッションを意識するなら、ファストファッションでトレンドものの購入を控える意識も大切です。

サスティナブルファッションブランドの紹介

最近、サスティナブルファションに取り組んでいるブランドがとても増え、雑誌などでも「サスティナ的」「サスティナママ」などという言葉が目立つようになりました。

ファッションブランドでは、ペットボトルを再利用してバッグを作ったり、水や農薬を使用しないリヨセルという素材を使用したり、ブランドが古着を販売するようになるなど、様々なサスティナブルな活動が行われています。

H&M’s Conscious Exclusive collection

H&Mはファストファッションの先駆けとして有名ですが、そのH&Mがサスティナブルな活動をすることを発表し、2030年には全ての商品の素材をサスティナブル化すると提言しています。
現に使用されている素材は、プラスチックをリサイクルしている再生ポリエステルをメインに使用し、オーガニックシルク、オーガニックリネンで様々なアイテムを展開しています。

使用されているこれらの素材は、約57%と言われており、半分はサスティナブルな素材でできています。 素材をサスティナブルに変えることで、地球に配慮した取り組みを広げていくH&Mのコンシャスラインに期待が寄せられます。 商品は緑色のタグが目印となっているので、ぜひ店頭で探してみてくださいね。 
<H&M公式twitter>
https://twitter.com/hmjapan/status/1245501154995458053/photo/1

Reformation(リフォメーション)

LA発のファストファッションブランド、リフォメーションはリメイクブランドからスタートし、立ち上げ当初からサスティナブルなブランドとして活動したサスティナブル専門のブランドです。
海外ではセレブたちが愛用し、SNSでも斬新で可愛いアイテムが公開されています。
リフォメーションはサスティナブルな素材を使用したり、リサイクルしながら、おしゃれなデザインを常に追求しています。

サスティナ的な働きとしては、二酸化炭素やゴミの排出量、水の使用量を公開し、リフォメーションの商品を選ぶことによって環境に大きな影響を与えることがわかるようになっています。
<リフォメーション公式Instagram>
https://www.instagram.com/p/B97bxo4HSZX/

サスティナブルライフスタイルブランドの紹介

ファッションだけでなく、ライフスタイルでもサスティナ的な活動は積極的に行われています。
特に、女性の身近である美容系においてはエシカル志向を前提とした製品を展開しているブランドが多数あります。
今回紹介するのは、サスティナブルなヘアケアアイテムを取り扱うエティークと、高品質のオーガニックコスメを展開するハーブファーマシーをご紹介します。

エティーク


エティーク」は、2012年に設立され、シャンプーやコンディショナーなどヘアケアを扱うブランドです。 サスティナブルに取組んでいる事柄として、すべて固形化し、ヘアケアのパッケージでよく使われるプラスチックボトルを排除したことです。

ペットボトルが世界中で廃棄される問題を受け止め、リサイクルされずに海に 流される課題から、すべてのケアケアアイテムをバーにすること、バーにするだけでなく、地球環境によくない化学物質を使用しない髪に優しい成分のみで作っていることが強みです。 オーガニックのヘアケアアイテムは「泡立ちが悪い」「髪がパサつく」などの悩みを持つ人もいますが、エティークのヘアケアアイテムは髪質別に合った商品を提案しているので、髪の悩みにあった商品を選びましょう。

ハーブファーマシー


イギリス発のオーガニック認証取得のスキンケアブランド「ハーブファーマシー」です。 自社農場ではこだわった土で数多くのハーブや花を有機栽培し、厳選されたハーブを火や水を使わずにじっくりとオイルに漬け込み、ハーブのパワーが存分に引き出された美容製品を展開しています。
1946年には、英国最大と言われる有機認証機関にてオーガニック認定を受けています。
主に使用されているハーブは、カレンデュラ、エキナセア、イチョウ、マーシュマローです。 
  • カレンデュラ・・・皮膚の保護・血管修復 
  • エキナセア・・・免疫力UP λ イチョウ・・・抗酸化作用
  •  マーシュマロー・・・粘膜保護・痛みを和らげる このような効果が期待できます。
ハーブファーマシーの主なラインナップはバームで、フェイスバームとボディバームがあります。
肌悩み合わせたハーブの香りのバームがありますが、好みの香りで選んでもしっかりとお肌を整えてくれます。
 

まとめ

現在、ファッション業界はまだまだ地球環境に優しいとは言えない生産や消費が盛んに行われています。
国内のシェアが大きいファストファッションの衣類は、売れ残った在庫は大量に焼却し、二酸化炭素の排出を進めてしまいます。
大量生産の際にも大量の水を使い、染色などによる水質汚染を招くことから、ゆくゆくは人間の生活にも影響を及ぼすことがわかりました。

サスティナブルファッションは、地球環境を守るだけでなく、人間が健康に生活する上で積極的に取り組むべきだと考えられます。 サスティナブルファッションを提案するブランドは、衣類だけでなく、ライフスタイルでも取り入れていけます。 一人一人が自分たちの地球を守っていくという意識を持ち、サスティナブルファッション、サスティナブルライフを取り入れていくことが重要です。

サスティナブルとは?地球環境を守るための新しい考えを生活に取り入れよう
サスティナブルフードとは?サスティナブルシーフードやコーヒーなど具体例を解説
INDEX